ホームお知らせ「ドイツワインの会」シリーズ最終回/第8回「ラベルデザイン今と昔〜エチケットから解るドイツワインの情報」/Finalrunde/Nr.8 Weinetikett Design Heute und Einst

お知らせ

2018年01月28日

「ドイツワインの会」シリーズ最終回/第8回「ラベルデザイン今と昔〜エチケットから解るドイツワインの情報」/Finalrunde/Nr.8 Weinetikett Design Heute und Einst

第8回目はシリーズ最終回。テーマは「ラベルデザイン今と昔」です。ワインのラベル「エチケット」からどんなことが読み取れるでしょうか?講師の松田氏(株式会社ドイツ商事社長)のお話を聞きながら、実際に見て・飲んで、学びましょう。「エチケット」を読み解いてワインをもっと楽しく!初めての方はドイツワインを知るきっかけに、今まで学んできた方はより理解を深めるために、どうぞご参加ください!


日時:2018年1月28日(日)14.00-16.00

場所:神戸日独協会会議室

予定
14:00-16:00 株式会社ドイツ商事 代表取締役社長の松田耕治氏のお話を聞きながらワインを味わいます。

定員:先着24名 / bis 24 Personen

費用 (当日支払い):2,000 円(会員:1,800円)

<お申し込み>:2018年1月24日(水曜日)まで
Tel: 078-230-8150
info@jdg-kobe.org

※初参加の方は、お申し込み時にお知らせください(テキスト準備のため)。
※締め切り日以後にキャンセルされた場合、後日料金を請求いたします。ご了承ください。
(締め切り日時点の申込者数でワインを発注するため、ご協力いただきますようお願い申し上げます。)
◆お願い◆
会員からのご紹介による一般の方のお申し込みは、会員1名につき2名までといたします。おかげさまで毎回大人気につき、会員のご予約が難しくなったためです。ご理解いただければ幸いです。


株式会社ドイツ商事
ドイツワイン専門店「ローテ・ローゼ」


〜「神戸日独協会 ドイツワインの会」とは〜
「神戸日独協会 ドイツワインの会」では、"日常生活の中でワインを楽しめるようになるきっかけづくり"をコンセプトに、毎回講師を迎え、数種類のワインを味わいながら、種類や産地、飲み方といった一見初歩的だけれど曖昧にしがちなワインの「いろは」を振り返り、ドイツとその食文化への理解を深めることを目的としています。
かつて神戸日独協会には定期的なワイン楽しむ会がありましたがしばらく途絶えていました。2016年度より実行委員会の若者を中心に、若者の目線であらためて課題に向き合い、企画を再編成しました。ここで学んだ知識や美味しいワイン、ラベルに書かれたドイツ語一つひとつが、日常的にドイツワインに親しみ、ひいてはドイツ文化の「今」を見つめるきっかけとなれば幸いです。
難しいことは置いて、まずはパンを片手にワインを飲んでみましょう。

ドイツワインの会 開催テーマ予定

活動報告
新企画「ドイツワインの会」開催までの道のり

(第2回)季節のワイン

(第3回)葡萄とドイツワイン

(第4回)ワインの産地を知る

(第5回)見た目も楽しむワイン

(第6回)ワインのヴィンテージ

(第7回)日本人醸造家に聞くドイツワインの全て