ホーム活動アーカイブ最新活動報告「神戸開港150年」記念特別講演会&祝賀会

最新活動報告

2017年03月05日

「神戸開港150年」記念特別講演会&祝賀会

「神戸開港150年」記念特別講演会「神戸開港後日独交流150年の足跡からの国際交流の将来的展望」および祝賀会を開催しました。

今回は枡田会長、ケーラー総領事、会員の大西さん、EKK代表のミュラーさんの4名による講演です。枡田会長からは神戸開港後の日独交流について年表や旧居留地の旧番地図などに基づきお話がありました。ケーラー総領事からはドイツ総領事館の歴史と現在の課題についてたくさんの写真を使ってご紹介いただきました。大西さんからは第二次世界大戦後の貿易に見る日独関係を数字やグラフに基づいて説明がありました。ミュラーさんからはEKKの歴史と現在の活動のご紹介がありました。どのお話しもとても興味深く、私もカメラを構えつつ拝聴していたのですが、実行委員メンバーとしては、講演者の皆さんがこれにかけられた時間と労力は膨大なものだったのでは・・・などという面も非常に気になったのでした。事後談はあらため伺ってみます。

会場はほぼ満席で、参加者の皆さんとても熱心に耳を傾けているご様子でした。

講演会の後は「神戸開港150年」祝賀会がレストラン「ロイン」で催され、今後の活動について、神戸の歴史について、講演内容についてそれぞれ語り合い、楽しく神戸開港150年を祝しました。講演者の方々、通訳の飛鳥井さん、神戸日独協会の催しは初めてという若者にも参加いただけ、とても嬉しく思います。

事前準備や諸々の相談事、当日も手伝ってくださった会員の皆さん、ありがとうございました。いろいろな方と一緒に活動できることは学ぶことも刺激も多く、やはり楽しいなと思いました。ちなみにこの日の神戸国際会館には、総領事がお見えということでドイツ国旗が掲げられました。


開催案内