ホームお知らせ「ドイツ歌曲クラス」の休止について

お知らせ

2018年06月15日

「ドイツ歌曲クラス」の休止について

2007年以来開講してきましたドイツ文化教室「ドイツ歌曲クラス」を休止します。ドイツ語で書かれた詩と旋律の美しさを味わうために黒崎勇元会長(甲南大学名誉教授)と永井和子元副会長(大阪音楽大学名誉教授)の指導によって始められた「ドイツ歌曲クラス」はこれまで多くの参加者を得て続けられてきました。参加者は教室を離れ、「クリスマス祝賀会」のみならず「神戸国際交流フェア」、「オクトーバーフェスト in 神戸」等々多くの行事に参加され、その実力を市民に披露してきました。神戸日独協会を代表する「会員サークル」として協会の諸活動にご尽力をいただいてきました。しかしながら近年神戸国際会館の環境が大きく変化し、他のテナントから音楽による音の問題についての苦情が多く生じるようになりました。協会ではこれまで国際会館とも協議を重ね、事務室の移転、教室の変更等を講じてきました。今年の5月からは外部のスタジオで授業を続けていただきました。
このような事情から協会を地盤とした「歌曲クラス」の継続は困難と判断し、誠に残念ですが「歌曲クラス」の授業を、新しい授業の場と授業形態が得られるまで、一時休止することにしました。
これまで授業をご担当いただいた末廣亜矢子先生、受講の方々に感謝を申し上げるとともに、今後とも協会の活動にご協力のほどをお願い申し上げます。