ホームお知らせ日本・オーストリア両国公演 「豊臣期大坂図屏風」コンサート

お知らせ

2016年08月09日

日本・オーストリア両国公演 「豊臣期大坂図屏風」コンサート

神戸日独協会 会員の杉谷さまより、コンサートのご案内です。

関西大学が創立130周年記念事業として、オーストリアのグラーツと共催で、グラーツ郊外のエッゲンベルク城に飾られている「豊臣期大坂図屏風」発見を巡ってのコンサートをシンフォニーホールで開催することになりました。

神戸日独協会の会員の方でご興味をお持ちいただけましたら、事務室までお越しください。チケットをお渡しいたします。(枚数に限りがございますので先着順となります。事前に事務室までご連絡ください。)

日時
2016年8月9日(火) 18:30開演(17:30開場)
6:30p.m.Tuesday,August 9

会場
フェスティバルホール
Festival Hall


プログラムなどの詳細は、下記の特設サイトをご参照ください。
関西大学創立130周年記念事業 豊臣期大坂図屏風コンサート
特設サイト

(以下、特設サイトより引用)
これまで関西大学が共同研究を進めてきた「豊臣期大坂図屏風」の縁に基づき、大阪およびオーストリア・グラーツの両都市においてクラシックコンサートを開催するもので、グラーツの弦楽団による大坂図屏風をテーマにした新作の初演に加えて、関西大学交響楽団、関西大学グリークラブ、関西大学混声合唱団ひびきとの共演を行う、大阪から世界に向けて高度な文化力を発信するコンサートです。


Universalmuseum Joanneum
Der Ôsaka-Paravent

大阪都市遺産研究センター
「豊臣期大坂図屏風」(オーストリア・エッゲンベルク城所蔵)について
About the Osaka-zu byobu, the Japanese folding screen depicting the cityscape of Osaka during the Toyotomi period (owned by Schloss Eggenberg)
日本語版
English