ホーム活動アーカイブ最新活動報告神戸日独協会主催 ドイツ再統一25周年記念講演会「ドイツの先進的状況から日本の将来を探る」

最新活動報告

2015年07月31日

神戸日独協会主催 ドイツ再統一25周年記念講演会「ドイツの先進的状況から日本の将来を探る」

第1回講演会
基調講演 「再統一後のドイツ」(通訳付き)

講演者
ドイツ連邦共和国総領事. インゴ―・カールステン氏
日時
2015年7月31日(金)18:30~20:30(開場17:00)
場所
神戸外国倶楽部(神戸市中央区北野町4-15-1)

同時開催
パネル展 『ドイツ統一への道』
ドイツ外務省と「旧東独社会主義統一党による独裁体制を検証するための連邦基金」による




(開催案内チラシより)
ドイツは2015年10月3日に再統一25周年を迎えます。 再統一後のドイツは長く経済の低迷に苦しみましたが、構造的な諸改革を推進して 統一後の諸問題を克服して、経済力を回復し統合ヨーロッパを牽引しています。 脱原発をいち早く決め代替エネルギー問題や移民問題に積極的に取り組み、第4 次産業革命とも見なされている高度技術戦略「インダストリー 4.0」を掲げて、産官学 一体で推進しています。

脱原発と代替エネルギー、経済のグローバル化と技術革新、少子化と労働力不足 による移民問題と産業の海外流出、集団的自衛権と憲法改正など政治的・経済的・ 社会的な大きな問題に直面している現在の日本が、将来のためにドイツの先進性に 学び、これらの問題解決の道を考えるために、神戸日独協会は連続講演会を開催します。

開催案内(PDF)